[躁]を経験していても、本人に自覚が無いため主治医に伝えない

鬱から始まる

鬱の症状

双極性障害は最初「鬱病」と勘違いされることがあります。これは鬱の症状が一番患者本人にも実感しやすいということと、鬱を数回繰り返した後に躁の状態になり、その時になってやっと双極性障害だと判明する場合も多いからです。鬱病と双極性障害は最初の段階ですととても見分けがつきにくい病気なのです。そのために初めての診断でも、双極性障害であったとしても鬱病と診断されてしまうことが多いのです。双極性障害で鬱の症状がでてしまう場合と、鬱病での鬱になってしまう症状は少し違います。双極性障害は最初の診断の時から鬱の状態が比較的重症の患者がとても多いです。妄想や幻覚といった精神病症状を伴った状態から最初の診断を受けることも少なくありません。そして急に鬱の症状が表れるといった特徴も存在します。躁と鬱がいきなり入れ替わる様に症状がくるのもこの病気の特徴なのです。鬱の状態でも、急に躁と鬱の状態が確認出来た場合には早急に診断を行うようにしましょう。

身近な人のサポート

双極性障害の方は自分ではなかなか診断を行いに行こうと考えない方が多いです。鬱の状態の時には、病気であるという自覚症状があるため、診断を進めると比較的病院へ診断に連れて行くことができるのですが、躁の状態の時には、自分が病気だという自覚がないために、なかなか診断を行いに病院へ連れて行くことができません。躁の状態の時には無理やり連れていくことはできないので、まずは家族の方が医師に相談するようにしましょう。そしてできるだけ最初の診断には身近な人が一緒に診断にいくようにすると、周りから見た状況が医師にもしっかりと伝わるので、医療法や処方する薬も患者の方にあったものを提供することができます。

正しい診断を受けることの重要性

 双極性障害とはうつ状態とそれとは逆の躁状態が交互にあらわれ、繰り返す病気で、以前は躁うつ病と呼ばれていました。原因はまだハッキリとは分かっておらず、診断には慎重さが要求されます。  双極性障害は、うつ病と間違われやすい病気です。専門医にも両者の区別は簡単ではありません。ですから診断を受ける際には、過去に躁状態の合った場合は必ずそれを医師に告げましょう。出来れば自分一人ではなく、ご家族の方と一緒に受診していただくのが望ましいです。双極性障害の方はうつ状態の時には病識がありますが、躁状態の時には病識が無い場合が多いのです。  双極性障害は正しい診断に基づいて、適した薬を飲んでいれば、比較的コントロールのしやすい病気です。症状を正確に伝え、しっかりとした診断を受けましょう。

カウンセリングも利用してみよう

 精神疾患と言うと「心の病気」と考えがちですが、実は双極性障害は身体的な側面の方が強く、精神面だけでは決して良くなりません。薬を服用することで、病気をコントロールしていけるのです。  しかし、双極性障害の薬の副作用は強いものが多く、また精神疾患の薬を飲み続けることに抵抗を覚える人も多くいます。途中で服薬を止めてしまうと、症状がぶり返しやすいのも、この種の病気の厄介なところです。  そうした状況を減らすため、カウンセリングなどの精神的なバックアップを利用することも良いでしょう。  双極性障害と診断されると、たいていの人はショックを受けるものです。しかし、医師の指示通り服薬することで、それまでと変わらない生活を送れるのです。そのためにも、自分の状況を正しく伝え、様々な支援を上手に利用しましょう。