[躁]を経験していても、本人に自覚が無いため主治医に伝えない

治療方法について

薬物療法

双極性障害を治療する方法は2つ存在します。それは「薬物療法」と「精神療法」です。薬物療法は診断で患者にとって適切な薬を処方し、主に患者の気持ちの波を抑えるように働きかけます。主な薬の種類としては、気分安定薬、抗精神病薬、抗鬱薬、そして睡眠薬が存在します。気分安定剤は双極性障害を治療する上でとても重要になってくる薬です。躁と鬱の気分の波を小さくし、感情を安定させる働きがあります。抗精神病薬は躁の状態を抑え、気分を穏やかにし、睡眠を助ける働きが存在します。抗鬱薬は鬱が重度の場合に使用します。通常の鬱病とは異なり、鬱が抜けると躁の状態になる場合がありますので、抗鬱薬と気分安定薬を併用する必要がでてきます。そして最後に双極性障害は不眠に陥ってしまうケースも多く見かけるために、睡眠薬が支給されます。これらの薬は定期的に服用する必要が存在し、自己判断で薬の量を減らす、薬の服用をやめるということはやめましょう。

精神療法

薬物療法と一緒に精神療法を一緒に行うことも多いです。精神療法とは、患者の診断を行いながら、精神状態を見、そしてカウンセリングを行うことによって、患者の心から治療を行っていく方法です。患者が自分自身に上手く向き合える様に話し合い診断することで、対人関係を見直すことによって、社会復帰出来るようにしていきます。双極性障害になってしまうと、生活リズムも狂ってしまいがちです。そのため、生活リズムの見直しや改善も診断を行っていく中でやっていきます。