[躁]を経験していても、本人に自覚が無いため主治医に伝えない

症状について

2種類存在する

双極性障害は「双極?型障害」と「双極?型障害」の2種類が存在します。この2つの違いは、躁の状態が重度か軽症かによります。双極?型障害は躁の状態がとても重度な双極性障害です。どのようなことが起きるかというと、障害が起きてしまうかと気分が良すぎてしまう、調子が上がり過ぎてしまう、怒りっぽく不機嫌になってしまう等の変化がでてきてしまいます。患者自身が躁の状態に気づかないことも多いです。しかし周りから見たら違いは一目瞭然のため、周りの人はすぐに躁の状態に気付くでしょう。躁の状態の時には気分が大きくなっているので、自分が偉くなった様に話しだすこともあり、注意がそれやすく、活動性が非常に高まってきてしまいます。それだけではなく、自分が楽しいと感じたことに対しては、後で困ったことになると明らかであっても、夢中になって行動してしまうことがあります。そのために躁の状態の時には金銭的なことなど気をつけなければいけないことが多いのですが、周りが止めなければ、患者本人はずっと行動を続けてしまうことがあるのです。さらに暴力的になる人もいるので、気をつけましょう。双極?型障害はこの躁の状態が軽度のものとなり、異常が感じられるものの、日常生活にさほど影響が出ない場合も多いです。しかし、他のアルコール依存症等も同時に発症しえてしまう可能性があるので、十分に注意しましょう。

双極性障害の診断

双極性障害の患者は、基本的に鬱の状態の時でなければ、自分が病気だと実感することが少ないです。そのために診断を行うときも大体は鬱の状態で診断することも多く、結果双極性障害と診断されず鬱病と間違えて診断されることがあります。その後診断を続ける時に躁の時に診断を受けることになる場合もありますが、躁の時には上手くカウンセリングを行うことが出来ないことも多いです。したがって家族や身近な方と一緒に診断を受けにいくようにするとよいでしょう。